手ぶらでゴルフレッスン、初心者専用『サンクチュアリゴルフ』

2017年09月12日

ボール近くの小枝は取り除ける?

フェアウェイ上のボールの近くに小枝や枯れ草があって邪魔な場合、これを取り除くことはできるでしょうか?


このときまず確認したいのは、「ボールはどこにあるか?」ということです。


ボール近くの小枝や枯れ葉は「ルースインペディメント」になります。

ルースインペディメントというのは、「無罰で取り除くことのできる障害物」のことです。


しかし、ハザード上ではルースインペディメントについても動かしてはいけないことになっています。

今回のケースでは、ボールはフェアウェイ上にありますので、ルースインペディメントについては動かしても良いことになります。


そして、次に確認したいのが、「ルースインペディメントはどこにあるか?」ということです。


フェアウェイ上では、ルースインペディメントは動かしても良いのですが、動かしてはいけないものがあります。


それは、ボールです。


ルースインペディメントがボールに寄りかかっている場合などで、ルースインペディメントを動かしたことによりボールが動いたような場合は、1罰打のペナルティとなってしまうのです。

規則18 止まっている球が動かされた場合
18-2 〔プレーヤーやパートナー、またはそのキャディーや携帯品により〕
 規則によって認められる場合を除き、プレーヤーの球がインプレーの場合で次のときは、プレーヤーは1打の罰を受ける。
(i)プレーヤーかパートナー、またはそのどちらかのキャディーが次のことをしたとき。
●球を拾い上げたり動かしたとき。
●故意に球に触れたとき(アドレスの際にクラブが球に触れたときを除く)。
●球の動く原因となることをしたとき。
(ii)プレーヤーやパートナーの携帯品が球の動く原因となったとき。
 球が動かされた場合、その球はリプレースされなければならない。ただし、プレーヤーがストロークを始めた後や、ストロークのためにクラブを後方に動かし始めた後に球が動き、その球をストロークしてしまった場合を除く。


posted by golfules at 16:46| ゴルフルール スルーザグリーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする